新潟市の看板業者「ハーヴィッド」のブログです 日々の体験思いをノージャンルで語ります


by heavid

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
日常
バイク
クルマ
未分類

最新の記事

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ
at 2017-04-25 09:26
誕生日と入院
at 2017-04-25 08:57
新しく
at 2017-04-06 09:42
店舗工事
at 2017-03-15 17:48
北陸バブル... は終っては..
at 2017-02-12 12:48

フォロー中のブログ

Rin rin Elise
slow life&sl...

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月

画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ:日常( 159 )

ゴールデン北海道 Vol.8

そして函館から大間に到着!
これより本州最北端からの帰還が始まりました 今回の旅で最も恐れていたミッション(帰り道の自走が)... 約5時間を費やし青森県弘前市に到着 回転寿司で夕飯を済ませビジネスホテルへ

翌朝、旅の最終日はGWの完了を意味します
この日は息子の誕生日‼︎ おめでとう8歳、ありがとう俺たち夫婦の子供に産まれてきてくれて★ 大好きな飛行機の模型を抱えながら喜ぶ息子を隣に「さぁ 帰るぞ」
b0235548_2131710.jpg










途中、秋田〜山形の県境にて
鳥海山と一面の菜の花畑が綺麗でした 目指す自宅まではあと少し‼︎です

Vol.9へ・・・ ようやく最終回
b0235548_21322050.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ


































heavid
[PR]
by heavid | 2016-05-12 21:34 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.7

ぼくらが旅に出る理由・・・
さて、旅も帰路へと移り 津軽海峡フェリー・函館ターミナル!

春の日差しがまぶしく、ほのかな初夏の香りに鼻をくすぐられた... 自然と五感が研ぎ澄まされていく! 名残惜しむ私に去りゆく北の大地は"そっと"語りかけた「旅に理由は無いんだ」と! 

なぜなら"そこに旅があるから"??? なのだと‼︎

TOYOTA / LAND CRUISER PRADO / GDJ15#型
1GD-FTV Diesel 水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ 電子制御コモンレール筒内直接噴射 可変ジオメトリーターボ / 2,754cc / 130kW(177PS) / 3,400rpm 450N·m(45.9kg·m) / 1,600~2,400rpm

b0235548_1383530.jpg










函館〜大間を約1時間30分で結ぶ ノスタルジック航路「大函丸」にライドオン
隣には"SUZUKI Jimny" 水冷直列3気筒 F6A型 657ccターボを搭載した"JA11型"か? だとしたら おそらく2代目にあたるので約25年前の車両という事になる 四半世紀は伊達じゃないぜ! ジムニーはスズキが世界に誇るクロスカントリーであり、軽自動車(小排気量)でありながら悪路では他の追随を許さない ランクルやディフェンダーでさえも、そのダイナミックなパフォーマンスに道を譲るしか選択肢は無いのだ! ウインチを搭載しトレーラーを牽引する姿は勇敢そのもの! ドライバーは単独の中年男性であったが、きっと北のフィールドを存分に楽しまれた事でしょう♪ そしていつの日か必ずや戻ってくる! ComeBack. HOKKAIDO‼︎ そんな雰囲気が漂う戦士のようであった

ここで訂正しよう!
ジムニーの類まれなスタイルは孤高の存在であり、そのDNAは混血を嫌う生粋のJAPANクオリティを誇る だからスズキではなく"日本が世界に誇る”名車なのかもしれない‼︎ そしてこれ以上に北海道が似合うマシンを私は知らない…

Vol.8へ・・・ まだ終んねーの?
b0235548_13151553.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-12 13:25 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.6

ニセコの山奥 おそらく別荘であろう片隅で朽ちていたフォルクスワーゲンのバン‼︎
このヤレた感じがタマリませんな 白黒モノトーンな感じと、ウレタン樹脂のバンパー・グリルが高評価‼︎ 根強い人気のメーカー・車種だけにコレクターが見たら黙っていられないでしょう 私も黙りたくありませんがお金もありませんので黙ります

正式名称は"フォルクスワーゲン・Type.2"かと思われますたぶん フロント中央に位置するウインカーと大きなラジエターグリルが特徴的です 日本ではワーゲンバスの名称で親しまれていますね
b0235548_9324414.jpg










現行のワーゲンは"T6"まで進化しましたが、驚くことに"ワーゲン・T2"は新車生産を継続していたのです 本国ドイツではなく、南米ブラジルで! ブラジルでは「Kombi(コンビ)という名前

しかしながら惜しまれつつも2013年、56年の歴史に終止符が打たれ...
生産終了に伴い最終モデル「ラストエディション」が600台限定で販売されたのだ
b0235548_9341733.jpg










それも0〜600までのシリアルナンバー刻印つきで! 当時は国内の輸入代理店でも扱いがありました 
やはり歴史あるメーカーは粋な事をしてくれます 新しいモノを良しとする日本人体質・国産メーカーとは全く考え方が違い、古く・長く クルマを愛するユーザーを決して裏切りません それは部品供給などにも現れていますね!
b0235548_9343381.jpg










話を戻し・・・ ニセコの牧場でコレクション的なトラクターとプラド!
雨が鮮やかに赤と緑のコントラストを引立てる
b0235548_9385642.jpg










ニセコに滞在中、小樽まで足を延ばしました 峠道を片道2時間... 遠かったぁー
途中のキロロリゾート あの有名な北海道トップクラスの雪質を誇るキロロスノーワールドです! 真冬に来たいですな

そしてゴールデン北海道も終盤戦 Vol.7へ・・・ まだ続くのか?
b0235548_9472467.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-12 09:52 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.5

函館で二泊した我々は次の目的地であるニセコ町へ向かいます
途中、大沼国定公園に立ち寄り大沼湖を散策! ひたすら湖面に石を投げ続ける娘、普段はサウスポーなのに投げる時は何故か右? まさか両利き!
b0235548_16344826.jpg










マイボートで釣りを楽しむ迷彩柄のセレブ! ニジマス狙いなのか?
b0235548_1635318.jpg










道の駅くろまつない! 山間部で"新潟"ナンバーのハイエースに遭遇
すげーぜ こんな僻地で… 勝手に仲間意識が芽生える

この道の駅はピザ屋さんが併設されているのですが、注文を受けてから一枚ずつ焼き上げる! という徹底ぶり とても旨そうだったが我慢、どうやら酪農・畜産の田舎ならではの自慢の逸品らしい
b0235548_1638747.jpg









函館から約180KM オール下道で無事ニセコにランディング
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄
b0235548_16391697.jpg










以前にも一度来た事のあるニセコ
冬場はスキー・スノーボードの聖地であり、海外からのお客さんも多い世界的なスノーリゾートです
b0235548_16443743.jpg










今回の旅はG.W直前で決めましたので ほぼ予定無しで進行
毎日移動しながら翌日のスケジュールや宿泊先を判断、車中泊・ビジネスホテルを中心に構成しました
b0235548_1640821.jpg










そしてニセコに来てようやく少しだけ良い旅館に泊まります
館内の施設・部屋・温泉・料理・サービス どれもまぁまぁ満足でした... でも、ちょい高いかな?

Vol.6へ・・・ いつまで続くんだ?
b0235548_16403014.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-11 16:52 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.4

北海道、それも函館となれば魚介類でも食うか!って事になるでしょ? フツーわ
しかし函館は超観光地であり正直申し上げまして、そこそこのお店に入っても美味しくない 何より高い! まぁボッタクリですな... そこで41歳オーバーエイジ枠の私はiphoneを駆使し調べましたよ家族と自分の為に! 観光客向けでは無く、地元の人達から愛されるようなコアでファンキーなお店を‼︎ そして函館から約1時間の知内町へ

知内町(しりうちちょう)は北海道渡島総合振興局管内南部にある人口4500人ほどの町。町名の由来はアイヌ語の「チリ・オチ」(鳥・居るところ)の意味から。とウィキペディアで教えてくれます! なんなの北海道渡島総合振興局管内南部って???
b0235548_1544256.jpg










かき小屋 知内番屋‼︎ 見事に地元の人達だけのコノお店は大当たり! ラッキー
b0235548_15461166.jpg










岩ガキやらハマグリ・アサリなどの貝類! 塩辛やジャガバター! そいつらを白米と味噌汁でガッつく♪ 当然お酒が飲みたくなり暴れる寸前でしたが、そこはママが恐いので我慢 震える手を押さえ込みました! 偉いぞお父さん! でもでも満足っス たらふく食べました腹一杯だぜ

ホント 旨かった! そして安い‼︎ サンキュー
b0235548_15471689.jpg










このお店の駐車場で希少種... ではなく希少車を発見
最初はランクル40 かな?と思い近づいたら「あれ なんか小さくね?」 ランドクルーザー40系どころではありませんでした 私は完全に北の大地を舐めていた! と思い知ることになった...

そいつは まさかの トヨタ・ブリザード《TOYOTA・BLIZZARD》!!! オォ〜
それも初期型の2.2L 直列4気筒SOHCディーゼルを搭載したダイハツ・タフトのOEMモデルじゃねーかよ! コイツはかなり古く縄文時代に開発された歴史深い車です(冗談ですが) 今や化石レベルと言って間違いないでしょう!
b0235548_15535651.jpg










この領域の車種は素人では太刀打ちできません つまりプロです 仙人です 変態だ★
SUVなんぞクソくらえ、私の150プラドが貧弱に思えてしまう... つまりヤワな男には扱えない、車が乗り手を選ぶハードワーカープロフェッショナルノスタルジックカーなのだ 何それ?? エアコンは窓開けるか隙間風、オーディオは牛の鳴き声とボディのきしみ音、4MTを駆使し非力なディーゼルは80km限界で軽自動車に煽られる‼︎ いいねえ〜最高だ

ブリザードに乗って牡蠣を食べに来る!なんてオツな事ができる紳士ともなれば きっと国宝級の人格の持ち主でしょう
b0235548_1557469.jpg










絶滅危惧種で国の特別天然記念物に指定されている"ブリザード"さえも受け入れ共存できる懐の深さ! 北海道は優しい そしてどこまでも広い♪ 自然ってイイね 四季って美しいね!

今こそ、今だからこそ「北の国から」が観たい 再放送求む! 富良野じゃないけど
あぁHOKKAIDO! お前は何故そんなに雄大で寛大なのだ? 教えてくれよ そして俺を優しく包んでくれ! あれ?車の話じゃなかったの... Vol.5へと続きます
b0235548_165752.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-11 08:29 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.3

函館に2泊したが最終日夜にお決まりの夜景へ

連休期間中は一般車両の乗入れが規制されており、山頂へのアクセスはバス・タクシー・函館山ロープウェイの選択肢しか無い おそらく大渋滞回避の得策なのだろうが観光施設は儲かるよなぁ〜 ウチの家族もロープウェイに乗ったが長蛇の列に嫌気がさした

いつも旅行の時に感じるが観光地やホテルなどは もはや日本とは思えない
何故なら過半数を占める韓国・中国などのアジア勢、諸外国の人達のパワーに圧倒されるからだ 迎え入れる観光地の目線も日本人では無く、お金を落としてくれるアジア勢に向けられているような気がする 自国でも海外でも日本人であるステータスやジャパンブランドは通用しない、とうの昔に終わっている つまり国際競争力に乏しく我々が思っているほどこの国は豊かでは無いのだ 自覚しなければならない

それでも世界三大夜景は美しく魅力的であった‼︎ Vol.4へと続きます
b0235548_9402838.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-10 09:43 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.2

北海道が見えてきた! 函館に上陸★
b0235548_1934873.jpg










金森赤レンガ倉庫!
買い物客で混雑 正直ここは全くオモシロくない 横浜に行けよ!って感じ
b0235548_194942.jpg










市内を走る路面電車!
富山でしょ・広島・熊本… と、全国を見渡すと以外と走っているもんだな
b0235548_1954325.jpg










函館駅! 決して大きくは無いが観光地らしく小綺麗にまとまっていた
b0235548_196162.jpg










函館空港!
b0235548_1961935.jpg










新潟から直行便があれば良いのに... いやいや車で来た事に旅の意味があるのだ‼︎
b0235548_197488.jpg










信号待ちの対向車に見覚えのあるシルエット
まさかのハイラックスヴィーゴ(TOYOTA HILUX VIGO) そう以前私が乗っていた車です! 超珍しい… 初めて他人のヴィーゴを公道で発見しました ピックアップトラックはまさに北海道の為に存在するのだ

[札幌 82.5MHz]FM NORTH WAVE ノースウェーブで"ぼくらが旅に出る理由”がかかった オリジナルの小沢健二ではなく、数年前に安藤裕子×茂木欣一がカバーしたデュエットバージョンが… やっぱり旅に理由は無かった???のね
b0235548_1973629.jpg










新函館北斗駅!
東京と北海道を約4時間で結ぶ北海道新幹線♪ 北の終着駅です‼︎ 周辺は水田ばかりで、駅構内にも特に魅力的な施設やサービスがあるわけでも無いのだが観光客で激混み! 駐車スペースも皆無でした

しかし函館市から車で30~40分を要する この駅は北斗市であり"新函館北斗駅"という名称で良いものなのか?などと疑問に感じ、函館と北斗のパワーバランスを想像した私であった Vol.3へと続くかもしれない
b0235548_198583.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-09 19:12 | 日常

ゴールデン北海道 Vol.1

僕らが旅に出る理由
b0235548_11244784.jpg










5/2 仕事を終え帰宅... 21:30出動です
b0235548_1125275.jpg










新潟→山形→秋田、夜通し走り続け! 道路標識に青森の文字が! たしかに明けない夜は無かった
移動中、青森の峠道でカモシカに遭遇! 突然だったので写真を撮れませんでしたが これもまた旅の醍醐味である
b0235548_11251871.jpg










早朝、青森市の鮮魚市場でモーニング! おしゃれにキメてみました "新鮮市場 丸青食堂"
そして更に北上を続け本州最北端へ 目指すは下北半島の先端
b0235548_11253449.jpg










マグロで有名な大間町に到着! 新潟からの所要時間は約14時間...
ここから津軽海峡フェリー(大函丸)に乗船! ランクルも乗っちゃった

まだまだ北上はヤメないぜ♪ 誰も俺の北上を阻止できやしない
b0235548_11255076.jpg










出発1日前に「G.Wは東北に行こう」と思いつき、いや待てよ「どうせなら北海道まで行ってみるか!」と考え直し、「そうだ自分の車で行こう」とエスカレートした むかし小沢健二が歌っていたなぁ〜 ぼくらが旅に出る理由! って歌を‼︎

だから、つまり旅に理由は無いんだ?
そこに山じゃなくて旅があるから! ただそれだけで十分だろう??? Vol.2へと続くかもしれない
b0235548_1126796.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-05-09 11:35 | 日常

道の駅ではありませんよ!

採れたて野菜の直売や加工品の販売! 握りたてのおにぎりや手作りお惣菜のデリカ&テイクアウト! イチゴやお米などの収穫体験ができるファームも併設!
b0235548_15301753.jpg










そら野テラス へ行ってきました
b0235548_1531299.jpg










動物も飼育されていました 陸ガメは寒いのか?全く動きません... ウサギに夢中の息子と娘‼︎
b0235548_15332661.jpg










今月16日にOPENしたばかりの"そら野テラス"
場所は新潟市西蒲区の田んぼのど真ん中、目印となる建物などは一切ありません 以前は「越後西川あぐりの里」というお店でしたが、新たに名称が変わり生まれ変わったようです 

地元農家企業(YSアグリプラント)が経営をしているようですが、地産農産物を中心に商品のブランディングにも力を入れているように感じました HPもオシャレでカッコいいぜ★ ぜひ地域活性化の意味でも頑張ってください‼︎
b0235548_15351168.png










旬の地元野菜を活かしたカフェレストラン! 今回はスルーしましたが次回は食べてみたいなぁ〜
b0235548_15441273.jpg










これぞブランド米! 今や消費者は安いだけでは購入しませんね 真鴨を田んぼに泳がせ害虫を駆除させる農法で育てられた無農薬のお米もありましたよ♪ 私はソコまで拘れませんが、きっと食べたら美味いのだろう
b0235548_15492912.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-04-25 15:50 | 日常

AMG KITCHEN

昨日のランチは新潟市秋葉区の「AMG KITCHEN」さんへ
b0235548_16455946.jpg










3/27にOPENしたばかりの こちらのお店! いつもお世話になっているBM企画様からのご依頼にて、当社でサイン・テント工事のお手伝いをさせて頂きました‼︎ う〜ん...カッコよくてオシャレで料理も美味しいし(ちなみに量も多い) 秋葉区という立地も考えますと、極めて重要でCOOLなお店と言えそうです 休日のランチに最適ですな♥

初夏、テラスでお酒とか飲みたいなぁ〜
b0235548_16494141.jpg



新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ

[PR]
by heavid | 2016-04-11 16:52 | 日常