新潟市の看板業者「ハーヴィッド」のブログです 日々の体験思いをノージャンルで語ります


by heavid

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
日常
バイク
クルマ
未分類

最新の記事

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ
at 2017-04-25 09:26
誕生日と入院
at 2017-04-25 08:57
新しく
at 2017-04-06 09:42
店舗工事
at 2017-03-15 17:48
北陸バブル... は終っては..
at 2017-02-12 12:48

フォロー中のブログ

Rin rin Elise
slow life&sl...

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月

画像一覧

ブログパーツ

笑う甘利と、苦しむ舛添

舛添要一氏が窮地に追い込まれている
日本の首都 東京の都知事とあろう者が政治資金や立場を公私混同するとは言語両断である! 私たちが属する一般社会や民間企業の常識的見解から判断するのなら"クビ"でしょうね ここで辞任となれば政治生命終了の可能性も否定できない

辞任は当然である! と前置きをしつつ、私は近年 妙な不快感...違和感を感じるのだ それは世論やマスコミからだ まずはこのような政治家の失態や疑惑などに国民が慣れてしまっているのでは無いのか? 悲しい事ではあるが「どうせ どこの政治家も この程度の事はヤッている」的な・・・ だから仕方ないネと! こうなってしまっては権力の中枢にいる奴らはヤリたい放題な訳で国民は自分の首を絞める事になる つまり社会的弱者は その負のスパイラルから抜け出せなくなる  1人1人が声を挙げ集まった大きな主張が政治や社会を動かすのだと思う
b0235548_1618125.jpg










もう一つは"甘利"事件は? いずこへ
あの口利きワイロ疑惑は証拠や証人も揃った"真っ黒"である事は明確! なのに東京地検特捜部は不起訴処分とした なんでやねん??? どう考えてもおかしいだろう 誰がどう見ても最低でも"逮捕"でしょ? 甘利大臣は舛添都知事なんぞ足元にも及ばない、スーパーグレートブラック犯罪者であろう

にも関わらず、マスコミは連日 舛添ばかりを追求・報道しちゃって... 犯した過ちの重さから まずは甘利→そして舛添の順番では?
これは大手メディアが安倍内閣・政権からの報道統制とプレッシャーに屈している結果であり、大企業をスポンサーに抱える仕組みにも問題があるかと思う こんなのジャーナリズムもクソもあったもんじゃない こうやって私達の知らぬ間に報道や言論の自由は少しづつ規制、コントロールされて行き、気がつけば時すでに遅し になるような気がする そして当の本人は睡眠障害からすっかり回復し、元気に政治活動を再開する始末! ストーリー通りに良くできました... ってトコでしょ

甘利大臣様の生贄(いけにえ)になった舛添氏は無念であった・・・ 終わり
b0235548_1644746.jpg





新潟を盛りあげろ 新潟から全国へ発信中!
デザイン看板・サインの事ならハーヴィッドへ


































heavid
[PR]
by heavid | 2016-06-14 16:48 | 日常